カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月7日
  • カンボジアニュース

ローンポートフォリオの最低10%をリエル建てに 金融機関にとって挑戦[経済]

news_201710072
(c)Phnom Penh Post

 中央銀行であるカンボジア国立銀行(NBC)が発布した、銀行とマイクロファイナンス機関(MFI)に、2019年末までに貸出ポートフォリオの現地通貨建てのシェアを最低10%にするという要求に、特に外資系金融機関が頭を悩ませている。プノンペンポスト紙が報じた。

 NBCは、昨年12月に発行された省令により、すべての銀行とMFIにカンボジアリエルでローンポートフォリオの最低10%を保有するよう指示した。省令は、国内通貨の利用促進を目的とし、2019年末までの期限を金融機関に課している。

 RHBインドチャイナ銀行のマネージングダイレクターは、「中央銀行の努力を支持しているが、そのような短期間での実施は極めて困難だ。現在、銀行業界のローンポートフォリオうちリエルは約2%のみで、アクレダ銀行とMFIがほとんどを占めている。NBCは猶予期間を設けるべきだ。仮にこれが成立すれば、貸出ポートフォリオは2019年までに250億ドルを超え、リエルで少なくとも25億ドル相当のローンを発行する必要がある。これらの融資をカバーするのに十分なリエルがあるのか」と述べた。

 カンボジアメイバンクの最高経営責任者は、「リエルでは預金やローンがないので、我々にとっては非常に厳しい」と、NBCの期限に懸念を表明し、「今年8月、メイバンクは初めてリエル建ての預金口座を開設した。最近では、顧客にリエルでの融資や、住宅ローンの一部転換を促している。我々はNBCへの期限延長を要請し、代わりにリエル利用の促進に焦点を当てる」と述べた。

 NBCは、銀行やMFIに定期的な進捗報告を提出するよう求めている。NBCのチア・セレイ局長は、「期限は延期されるべきでない。それを認めると、延期を延期する人々が出てくるだろう」と語り、「地元貸出機関には義務を果たすだけの十分な時間がある。一部銀行には困難だと認識しているが、農村地域へのマイクロファイナンス貸付は、リエルでの需要が大きく、銀行がそれを行えないわけはない。銀行はMFIと協力するべきだ」と付け加えた。

関連記事
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(15日)
経済
アクレダ銀行の給料支払いサービスを導入 カンボジア[経済]
(11月23日)
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(11月16日)
経済
マニュライフ生命保険 6支店目 シアヌークビルへ進出 カンボジア[経済]
(11月14日)
経済
地方の中小企業への融資を拡大 カンボジア[経済]
(11月04日)
経済
アクレダ銀行の株式の25%を来月公開 カンボジア[経済]
(10月31日)
あわせて読みたい
業界
銀行業界は強い成長を見せている [金融・保険]イン・チャンニー
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース