カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月10日
  • カンボジアニュース

ティエンルイがコンポンスプー州に農業経済特区を開発[経済]

news_201707101
(c)Cambodia Daily

 ティエンルイグループ(天瑞集団、Tian Rui Group)の子会社、ティエンルイ農業協力経済特区は6月30日、農業の加工と貯蔵に特化した国内初の経済特区(SEZ)の開発に向けて、山東省のDe Zhou Zhong Groupと20億ドルの投資覚書(MOU)を締結したと発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 農林水産省ヴェイン・サコン大臣は7月3日、「ティエンルイ農業特区は、建設開始前に5~10年で30から100社の投資家が必要だ。20億ドルは農業特区にとって巨額であり、近隣諸国に比べて潜在的利益の可能性を示す必要がある」と述べた。

 ヴェイン大臣によると、ティエンルイ農業特区はその規模を200から100ヘクタールに縮小し、年末までに建設を開始する予定だという。この縮小はプロジェクトの能力ではなく、コンポンスプー州コン・ピセイ地区の土地確保に起因するという。

 また、「輸出障壁を解消するため、農業研究センターと衛生植物検疫所を設置し、農家の生活と農産物の価値を向上させ、中国やEU市場への輸出を増やす」と付け加えた。

 ティエンルイ農業特区の責任者は、「De Zhou Zhong Groupは中国最大級の胡椒と唐辛子の輸出業者で、他17社と共にこの農業特区に入居する。彼らは胡椒と唐辛子生産のために2000ヘクタールの土地を開発し、加工工場の建設を行う。我々は冷蔵庫と物流システムの構築にコミットする」と話した。

関連記事
経済
農業セクター 機械の導入で近代化を図る[経済]
(21日)
経済
衣料品がカンボジアの輸出増加を促進[経済]
(07日)
経済
韓国のASEAN展示会にカンボジアから10社が出展[経済]
(02日)
経済
カンボジア産のジャガイモに期待高まる[経済]
(10月26日)
経済
地元の農産物の展示会 12月にシェムリアップで開催[経済]
(10月24日)
社会
カンボジア 飢餓状態が改善される 国際食糧政策研究所が発表[社会]
(10月21日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース