カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月23日
  • カンボジアニュース

ベトナム産豚肉を食べないよう警告 カンボジア農林水産省[経済]

news_201703233
(c)Khmer Times

 カンボジアとの国境近くにあるベトナムの養豚場でサルモネラ菌が発生し、ベトナムからの豚肉を食べないよう警告が発表された。クメールタイムズ紙が報じた。

 ベトナム・ニュースによると、最近の調査で、北部の養殖省で2014年から2015年に採取された豚肉の44%がサルモネラ菌に感染していることが判明。また、ベトナムで十分な措置ができておらず、カンボジアへ輸出される可能性があるという。

 カンボジア農林水産省の動物衛生局は、ベトナムからの汚染された豚肉がカンボジアに侵入しないよう、予防的対策を強化しており、 同局の局長は、「先週、ベトナムでサルモネラ菌に感染した豚を処分したとの報告がされており、国境や現地養豚場でさらに検査が行われる」と述べた。
 カンボジア農業研究開発センターのエグゼクティブ・ディレクターは、「基本的に、人間と豚には似たような器官系があり、人間に感染した場合、危機に陥る可能性がある」と話す。

 今年1月には、感染した豚肉を食べた213人、主に小学生が食中毒の治療を受けている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース