カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月26日
  • カンボジアニュース

民間企業がプノンペン・シェムリアップ間を結ぶ高速鉄道の建設に関心[経済]

news_201606262_mini
(c)Phnom Penh Post

 運輸大臣のスン・チャントーレ氏が6月23日、民間企業が、プノンペンとシェムリアップ、およびタイ国境とのポイペトを結ぶ高速鉄道の建設に関心を示していると発言した。

 彼はプノンペンポスト紙に、「興味持つ企業は数社あるが、彼らが鉄道建設の能力を持っているか、この投資が彼らに有益かどうか分からない」と語った。

 同省のスポークスマンによると、「現時点での具体的な計画はないが、トップレベルでの議論が進行した場合、実現可能性調査が入るだろう」と述べた。

関連記事
経済
プノンペン、バンコク、ホーチミンの3都市を結ぶ 高級バスサービス構想[経済]
(15日)
日系
ANA カンボジアとの直行便就航より1年[日系]
(07日)
社会
フン・セン首相を侮辱したとして逮捕された女性 釈放[社会]
(04日)
労働
縫製労働者 プノンペン市内の通勤改善に5つのバス路線が発足[労働]
(08月30日)
観光
フェリー乗船に課金命令 国内観光客からは反感の声 シアヌークビル[観光]
(08月25日)
社会
空港につながる鉄道建設 住民の抗議を受け停止を発表[社会]
(08月14日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース