カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年6月9日
  • カンボジアニュース

日本で労働搾取され帰国、在日カンボジア大使館発表[労働]

 在日本カンボジア大使館によると、2人のカンボジア人労働者が、日本で酷い待遇を受けて帰国した。

 二人は仲介業者から高給を約束されていたが、逆に搾取されていたという。

 大使館は彼らの個人情報や日本での待遇の詳細については明らかにしていないが、カンボジア人労働者が過酷労働かつ薄給という同様の事態に遭遇することに対し、注意を促している。

 労働職業訓練省によれば、カンボジア人労働者が違法行為を強制されたケースもある。また、「一部の仲介業者は在日本カンボジア大使館と近い関係にあると虚偽の発言をするため騙されやすい」という。

 大使館は日本在住のカンボジア人に対し、「職業紹介を受ける前に十分注意し、賃金の搾取や無賃金労働などの問題がある場合には、直接大使館へ連絡をしてほしい」と警戒を呼びかけている。
logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
労働
バベットの工場で1500人がストライキ 会社側は要求に応じる[労働]
(14日)
労働
カンボジア国内の人材が育てば、海外からの人材を減らせられる[労働]
(03月29日)
労働
年功手当の支給期限を2021年12月まで延期を決定 カンボジア[労働]
(03月26日)
労働
カンダール州の衣服作業員84人が失神などの被害 カンボジア[労働]
(03月25日)
労働
国家社会保障基金(NSSF) 出産した女性労働者に合計700万ドルを支給[労働]
(03月11日)
労働
衣服労働者は月2回の給与支給を歓迎している カンボジア[労働]
(03月09日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース