カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2015年1月14日
  • カンボジアニュース

2棟のコンドミニアムの建設は第1四半期に開始[経済]

 今年の第1四半期から、2つの新しいコンドミニアムの建設が開始され、カンボジアのコンドミニアム部門の成長に減速の兆しはない。

 不動産会社CB Richard Ellis(CBRE)の12月マーケット報告書によると、オリンピックスタジアムの近く、254ユニットのツインタワーからなるスカイビラタワー(Sky Villa Tower)と、高級エリアであるボンケンコン1、104ユニットのソバンコンドミニアム(Sovann Condminium)の建設が、今月から3月末の間に開始される予定。この2棟は、プノンペン都内で建設中の35棟に加わることになると報告されている。

 また、シンガポール、日本、香港、中国からの投資が増加していることから、アジア太平洋地域からの関心が強いことも述べている。

 2017年までにこの2つのプロジェクトが終了した場合、プノンペン都内に9500ユニットが供給されるだろうと、CBREのシニアアソシエートデレクター、Thida Ann氏は答えている。また、他国と比べて、カンボジアの安価なユニットや潜在的に高いリターンが投資家にとって魅力的だとも述べている。報告書によると、高級コンドミニアのユニット価格は、平方メートル当たり1500ドルから3000ドルとなっている。

 不動産会社最大手のボナリアルティ(Bonna Realty)代表のSung Bonna氏によれば、ASEAN経済統合など、投資家たちはこの投機的な波に乗ってユニットを購入しているものの、供給の増加によりプロパティを埋める事ができないことを心配しており、「マンションが建設された後の稼働率が懸念される」と述べた。

logoCDfinal@2x
弊社及び本記事はカンボジアデイリーから翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
社会
アンコール遺跡公園内の違法住宅 撤去はじまる[社会]
(15日)
経済
カンボジアの小売市場は大きな飛躍を遂げる 今後は供給過多を懸念[経済]
(14日)
経済
不動産開発業者 空港・都内間の鉄道開発に期待膨らませる[経済]
(08日)
経済
泰文隆ツインタワー 建設開始スケジュールが押している[経済]
(07日)
経済
5億円の費用をかけて衛星都市が建設される スヴァイリエン州・バベット[経済]
(07月31日)
経済
ハードタイトル付きの土地権利が住民に発行 ロン島の都市開発が期待[経済]
(07月24日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース