カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2015年1月14日
  • カンボジアニュース

2棟のコンドミニアムの建設は第1四半期に開始[経済]

 今年の第1四半期から、2つの新しいコンドミニアムの建設が開始され、カンボジアのコンドミニアム部門の成長に減速の兆しはない。

 不動産会社CB Richard Ellis(CBRE)の12月マーケット報告書によると、オリンピックスタジアムの近く、254ユニットのツインタワーからなるスカイビラタワー(Sky Villa Tower)と、高級エリアであるボンケンコン1、104ユニットのソバンコンドミニアム(Sovann Condminium)の建設が、今月から3月末の間に開始される予定。この2棟は、プノンペン都内で建設中の35棟に加わることになると報告されている。

 また、シンガポール、日本、香港、中国からの投資が増加していることから、アジア太平洋地域からの関心が強いことも述べている。

 2017年までにこの2つのプロジェクトが終了した場合、プノンペン都内に9500ユニットが供給されるだろうと、CBREのシニアアソシエートデレクター、Thida Ann氏は答えている。また、他国と比べて、カンボジアの安価なユニットや潜在的に高いリターンが投資家にとって魅力的だとも述べている。報告書によると、高級コンドミニアのユニット価格は、平方メートル当たり1500ドルから3000ドルとなっている。

 不動産会社最大手のボナリアルティ(Bonna Realty)代表のSung Bonna氏によれば、ASEAN経済統合など、投資家たちはこの投機的な波に乗ってユニットを購入しているものの、供給の増加によりプロパティを埋める事ができないことを心配しており、「マンションが建設された後の稼働率が懸念される」と述べた。

logoCDfinal@2x
弊社及び本記事はカンボジアデイリーから翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
カンボジア不動産ポータルサイト 180万ドルの資金調達[経済]
(23日)
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12月12日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
経済
人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]
(11月13日)
経済
センチュリー21カンボジア 地方にもサービス展開へ[経済]
(11月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
注目
リアルエステートドットコムが提供する新たなウェブサイトとモバイルアプリに注目!
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース