カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年8月31日
  • カンボジアニュース

AMKマイクロファイナンスが中国の銀行に80%の株式を売却  カンボジア[経済]

a-man-walks-past-an-amk-microfinance-branch-in-2015.-heng-chivoan
(c)Phnom Penh Post

 総資産額で5番目に大きいマイクロファイナンス機関であるAMKマイクロファイナンスは、中国の上海商業貯蓄銀行(SCSB)に80%の株式を売却したと発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 AMKのCEOは、「SCSBがAMKの株式の過半数を保有しているにもかかわらず、同社は同じ経営陣によるAMKの名義下での運用を継続する。新しい株主はAMKの事業を以前と同じように保ち、農村市場に重点を置く」と述べた。

 昨年末の年次報告書によると、AMKの総借入金は2億1400万ドルで、2016年末の1億6100万ドルから増加し、総預金は昨年末に1212万ドルで前年同期の9060万ドルから増加したが、純利益が前年度の6330万ドルから5270万ドルへと減少した。

関連記事
経済
中国企業 シハヌークビルに数十億ドルを投資 カンボジア[経済]
(15日)
経済
カンボジア国立銀行 新たなMFIライセンスを取り消し カンボジア[経済]
(09月07日)
経済
中国企業代表団 カンボジア政府高官と投資について意見交換[経済]
(08月28日)
経済
大手MFIのハッタカクセカー カンボジア初の社債を発行[経済]
(08月27日)
経済
カンボジアのマイクロファイナンス機関 全事業を韓国系銀行に売却[経済]
(08月26日)
経済
カンボジア国立銀行は非公式の貸付業者を取り締まる[経済]
(07月18日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース