カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2017年8月2日

カンボジア国内の病院のモデルになることが当病院の役割 [医療・医薬] ソムアート・ウォンコントーン (2/2)

医療・医薬

ロイヤルプノンペン病院 Royal Phnom Penh Hospital
CEO: ソムアート・ウォンコントーン  Somarch Wongkhomthong
日本で医師免許を取得し、日本の病院での医師経験も持つロイヤルプノンペン病院のCEO兼院長、ソムアート・ウォンコントーン氏。様々な国の医療分野に関わってきたウォンコントーン氏に、カンボジアで病気にかかった時の対処法や、カンボジアの医療現場、また国立病院としての役割について話を伺った。(取材日:2016年7月)
事故にあった時に備え、あらかじめ病院を決めておくべき

前回の続き
――外国人は国立病院で診察を受けることができるのでしょう

ソムアート・ウォンコントーン(以下、ウォンコントーン) 法律上は可能です。ただ実際はずいぶん待ったにも関わらず、わずか数分の診察で簡単な薬しかもらえないこともあるでしょう。カンボジアに限らずタイも日本もそうですが、外国人はその国の医療機関は使いづらいでしょうね。民間でしたら、まず患者さんも少ないし、医師も英語を話せたり、外国人の診察に慣れています。そしてやはり、保険会社と連絡できます。


――事故にあったとして、診察に行くときに注意すべきことは何ですか

ウォンコントーン 事故にあった時に備え、どこの病院に行きたいかをあらかじめ決めておくべきです。例えば救急車を呼ぶ事態になったとして、行先を伝えなければどこに連れていかれるか分かりません。2番目は、保険を持っているかどうかが大切です。常時持っていれば大丈夫。あとは、言葉が通じるかどうかです。日本人医師のいる病院や、日本語通訳者のいる病院に行くのが便利でしょう。


――カンボジアで救急車を呼ぶときはどうすれば良いのですか

ウォンコントーン 病院の所有する救急車にかけたり、119番に電話します。弊院も救急車をもちろん持っていますし、日本語通訳者もいますから、番号を知っておいて良いと思います。119番に電話すると、カンボジアではコールセンターが少ないので、来るのに時間がかかります。私立病院に直接電話して救急車を呼んだほうが早いでしょう。

国全体の医療レベルを上げるには、政府や政府間の協力が必要不可欠

ウォンコントーン――ロイヤルプノンペン病院の役割についてどうお考えですか。

ウォンコントーン 国全体の医療レベルを上げるには、政府や政府間の協力が必要不可欠です。私たち民間セクターとしてはそんな大仕事はできませんから、自分たちがいるところで最善の病院を作り、皆さんに安心して使っていただけるように運営していくしかありません。

 ご存知の通り、この国にはあまりいい病院がありませんから、カンボジアの人やカンボジアに住む外国人が病気や怪我をした場合に外国へ搬送しなければいけません。妊娠した時も、何回か外国へ行かなければいけないなど、非常に不便です。ですから、私たちの役割は皆さんの不便に思っているところを解消していくことです。

 もう一つは、カンボジア国内の病院のモデルになることです。私たちは他の病院に刺激を与えることができるでしょう。なるほど、病院はこのように運営していけば、このように投資していけば良いんだな、商売として独立できるんだなと分かっていただければ、皆さんのためになると思います。そこまでいけば、この国にも多少貢献ができるのではないでしょうか。(取材日:2016年7月)


ロイヤルプノンペン病院 Royal Phnom Penh Hospital
事業内容:国立病院
URL: http://royalphnompenhhospital.com/
関連記事
社会
毎年恒例の赤十字イベント 2000万ドル以上の寄付金を集める カンボジア[社会]
(05月09日)
社会
貧困世帯の母子に手当を段階的支給 カンボジア[社会]
(05月03日)
社会
カンボジアは深刻な眼科医不足[社会]
(04月18日)
社会
5000万ドル投じ、トボンクムン州に病院建設 中国支援[社会]
(03月05日)
社会
健康診断とがん治療を無料で提供 カンボジア[社会]
(12月01日)
経済
中国江蘇省 シアヌークビルへさらなる投資へ カンボジア[経済]
(11月02日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ

その他の「医療・医薬」の業界インタビュー