カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2017年8月1日

カンボジアに必要なものだから作りました[運輸・物流] ダルー・ホア

運輸・物流

エクスネットカンボジア EXNET Cambodia Co., Ltd.
CEO: ダルー・ホア Daluch Hor
首都プノンペンでは経済発展とともに通行する車両は増加する一方、インフラや交通規制は整備不十分であり、常態化している。効率的な都市の発展と更なる産業集積化が期待されているが、交通渋滞を含む都市問題も深刻化すると見られており、対策が必要となる。そんな中、安全かつ便利な公共輸送サービスが提供され始めている。タクシー配車アプリの先駆けとして事業を展開するエクスネットカンボジアのダルー氏に、注目が置かれる配車アプリビジネスについて伺った。(取材日/2017年1月)


追求したのは安全性と便利さ

――はじめに、ご自身のプロフィールについて教えてください

ダルー・ホア(以下、ダルー) 私はダルー・ホアです。フランスの大学院を2015年に卒業して帰国し、EXNET TAXI CAMBODIAという名前でタクシー配車アプリ会社を立ち上げました。他にもIT事業をいくつか手掛けていますが、これからはこのタクシー配車事業をメインにやっていこうと思っています。IT事業とは、システム構築ですね、いろいろなシステムを作っています。

――なるほど。だからこのようなアプリをご自身で開発して始めたんですね

ダル― はい、2016年6月にこのタクシーアプリを立ち上げました。カンボジアで、このアプリを広める事ができてとても嬉しいです。

――なぜこの事業を選んだのですか

ダル― カンボジアに必要なものだったからです。タクシードライバーはお客様を見つけにくいし、お客様はなかなかタクシーを捕まえられない。このアプリを始めるにあたって、追求したことは「安全さ」と「便利さ」です。安全面に関しましては、予約の際に、ドライバーの名前、顔写真、電話番号、車種、ナンバープレートなどを明記して、身元を明らかにしています。便利さに関しましては、2017年4月現在約600名のドライバーが登録していますので、予約してから配車まで時間がかからないことです。呼んだらすぐ配車できることを常に考えています。だいたい3分以内、インターネットや交通量の関係でもう少し時間がかかることもありますが、5分程度で配車できるように努力しています。私たちのサービスは24時間なので、シフトを組んでいます。常200~300名くらいのドライバーが待機している状態でしょうか。

――では、ユーザーからクレームが来た際は、どのように対応されていますか 

ダル― 私たちは、利用してくださるお客様の意見を大切にしています。良い意見も悪い意見も、私たちのサービスをより良いものにするため、奨励するようにしています。そういう声はアプリから直接メッセージをもらうようにしています。私たちは、常に良いサービスを提供できるよう努めており、お客様の意見の中には、私たちのサービスをより良く改善するためのヒントが秘められています。週に1~2件程度、クレームに限らず、ユーザーからメールで問い合わせがありますね。だから多くはありません。もっとどんどんご意見をいただきたいです。

――実際に窓口はご自身でされているのですか

ダル― 私たちはカスタマーサービスを設けており、お客様からの苦情や意見だけでなく、ドライバーからの連絡も受けています。私たちはカスタマーサービスも含め、1つのチームとして動いているのです。

客としてタクシーに乗りながらドライバーを増やしていった

――いままでどのような苦労がありましたか

ダルー そうですね、まったく初めてのことでしたので、啓蒙、トレーニングが大変でした。
ドライバーへのアプリの使い方や決済の仕方のトレーニング、また英語を話せないドライバーへの教育もそうですし、中には反発してくるドライバーもいました。また、ユーザーもアプリの使い方がわからず間違ったやり方をしていたり…。とにかくたくさん苦労しましたし、難しかったです。

――ドライバーはどうやって見つけているのですか?

ダルー 実際に、我々やスタッフがタクシーを呼んでお客として乗りながら話をしたり、紹介してもらったり、とにかく一人ひとり地道に増やしていきました。同じように、ユーザー獲得も一人ひとり声かけて地道にダウンロードしてもらっていました。

クレジット決済も準備

――今は競合も増えてきましたね

ダルー たくさんでてきましたね。ただ、私たちが先行者であるので、プロフェッショナルであるし、クオリティもどこよりも担保できていると思っています。なので、あまり他社は意識していないですね。私たちができることをしっかりやるだけです。

――しかし、大手のウーバーがでてくるという話もありますが、いかがでしょうか

ダルー でもプノンペンはマーケットが小さいですからね。10分も走ればもう外れに出てしまう。彼かがどんなマーケティングをしているかわからないですが、大手がでてくるメリットはあまりないような気がします。

――シェムリアップやほかの場所に展開する予定はありますか

ダルー そうですね、シェムリアップは10台程度しかタクシーがありませんし、他の場所は押して知るべしで…。やるとしたら他の国ですかね。でも、まずはもっとプノンペンでサービス向上に努めます。現在2000人くらいのユーザーがいまして、月に12,000回ほど使われていますので、その数を増やして、もっとサービスの質を高めたいです。また、近々クレジット決済ができるように準備しています。 (取材日/2017年1月)


エクスネットカンボジア EXNET Cambodia Co., Ltd.
事業内容:タクシー配車アプリ事業
URL:
関連記事
経済
配車アプリのタダ(TADA)、宅配サービスを無償提供 カンボジア[経済]
(04月24日)
経済
配車サービスのパスアップ、料金値下げにドライバー抗議 カンボジア[経済]
(07月04日)
社会
カンボジア新年に向け公共交通機関を無料提供 [社会]
(04月08日)
経済
シンガポール発の配車アプリ「タダ(Tada)」がカンボジアへ新規参入[経済]
(01月31日)
経済
大手配車サービスグラブ BtoB向けに新たなサービス開始 カンボジア[経済]
(11月18日)
経済
グラブ ウーバーのカンボジア事業を統合し、ドライバーらも異動[経済]
(03月29日)
あわせて読みたい
業界
発展するカンボジアで配車サービスを新しい形へ[運輸・物流]イー・ウィー・タン
業界
発展するカンボジアで配車サービスを新しい形へ[運輸・物流]イー・ウィー・タン
業界
安心で安全な医療を持続的に提供する義務があると感じる[医療・医薬] 野々村 秀明

その他の「運輸・物流」の業界インタビュー