カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

不動産

2017年02月20日

WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート

 カンボジア現地法人WILLONE INTERNATIONAL CAMBODIA CO., LTD.は、カンボジアの首都プノンペン中心地から約4kmに位置する大規模開発地域トゥールコックエリアにカンボジアに進出する企業の営業支援を開始するため、販売型ショールームを備えた商業施設「WILLONE ビルディング」を2017年に開設する。

 同エリアには、イオンモール2号店(建設中)などの商業施設が稼働し、公共施設の建設ラッシュも続いている。現地コミュニティに精通しているWILLONEが、カンボジアで活動する中、コンプライアンス(法令順守)意識が高く、高品質の日本製商材を求め、カタログだけでなく、実際に目で見て触れて体感しないと分からないというカンボジア人の声が圧倒的に多く、施設建設及びショールーム設置の決め手になった。

 販売型ショールームを開設することで、現地の要望に応えながら日本企業のカンボジア進出を後押しする。既に大手企業を含めた30社が同施設へのブース出展及びオフィス開設、レジデンス利用や飲食店経営に向けて準備を進めており、出展企業に対し、現地のパートナーと共にカンボジア現地財閥、ディベロッパー、官庁、建設・不動産会社、カンボジア建築設計協会、商社、一般ユーザー等に対する顧客開拓を請け負うほか、将来的にはカンボジアを拠点としたASEAN諸国への展開支援も視野に入れている。

 基本的には、BtoBのショールームとなるが、一部1FのスペースにはBtoCの販売エリアも設置予定している。

 東証一部上場企業である日本の商社が日本国内での決済や貿易業務を行う為、ショールームに出展する企業にとっては安心して取引ができる。もちろん、直接カンボジア現地法人である当社との直接の取引も可能である。

 また、海外進出するにあたり、必要となってくる多額の市場調査、信頼を得るための現地法人設立、事務所設立、出向社員・現地スタッフ雇用、その他営業経費等は、ショールームに出展される場合は顧客開発まで当社が担当をし、初期ビジネスインフラ投資が少なくビ ジネスをスタート開始することもできる。

 =WILLONEビル概要=
 1~2F(約800㎡)のフロア
 日本を中心とした高品質・技術な製品
(建材、住宅設備、省エネ製品、IT製品、健康関連、文具関連等)
 3~4F オフィス
 5~7F レジデンス・ホテル
 8~9F 飲食店・カフェ・バー 等

WILLONEビルディング所在地:
 St1958, Sangkat Phnom Penh Thmey,Khan Sensok, Phnom Penh City,  Cambodia                      
 プノンペン中心地(内閣府)より約4km(車で約8分)、王宮より約6km (車で約15分)、プノンペン国際空港より約7km(車で約15分)、ポンペイ開発エリア(イオン2号店予定地)より約2km(車で2分)、グランドプノンペン開発エリア(ゴルフ場)より約5km(車で約5分)

WILLONE INTERNATIONAL CAMBODIA CO.,LTD.
 #21E0, E1, E2, St1958, Sankat Phnom Penh Thmey, Khan Sensok, Phnom Penh City, Cambodia
 TEL: +855-89-92-3636 (代表番号) / +855-88-655-5657
<日本事務局>
 〒135-0016 東京都江東区東陽3-27-17 長谷川ビル5F
 TEL: 03-5653-5653 / FAX: 03-5653-5654
 EMAIL: overseas@willone-int.com (担当:野呂、萩嵜)

関連記事
経済
区分所有権付きのオフィスがカンボジアで増加[経済]
(20日)
経済
今年はコンドミニアム供給の重要な波を迎える[経済]
(20日)
法律
カンボジアのボレイの開発と登録について[法律]
(20日)
経済
プノンペンにASEAN最大の超高層ビル 今年8月から建設予定[経済]
(12日)
経済
アリババ社 シアヌークビル オトレスビーチを購入?[経済]
(10日)
経済
クメールの伝統的なデザインによる建築を望む カンボジア建設省[経済]
(06日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)

その他の注目記事

人気記事ランキング