カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

HR・コンサル

2015年08月24日

カンボジアの日系人材会社CDLが現地人材育成会社と提携。

カンボジアの大手人材会社クリエイティブダイアモンドリンクス(以下、CDL)は、2011年創業の現地人材育成会社MRTSと業務提携したと発表した。

CDLは、カンボジアに進出する日系企業の現地化を妨げている現地人材の質の向上を目的として、人材育成のノウハウと優秀なカンボジア人講師を複数有しているMRTSの人材育成サービスの独占的な販売権を取得し、これまで日本人などの外国人が英語や通訳を介して教育・訓練することによって生じる習熟度の障壁を除いた人材育成サービスを提供していく。

CDL代表の鳴海氏(写真右)は「日系企業特有の挨拶や礼節等の研修は文化的側面が強く社風を左右するため外部委託はできる限りしない方が良く、必要なのは会社の収益に直結する専門的・実践的な訓練で、特にプレーヤーからマネージャーへ育成する養成訓練だ。1回やったからといって習得できるものではなく、年間を通じて定期的・計画的に実施すべきである。」と言う。

また同氏は、「考える力・行動する力・チームワークといった社会人的基礎力はマネジメント能力と切り離せない関係にあり、例えばリサーチ能力、情報をシェアするスキルやセールスマーケティングなど、さまざまな訓練を通じて基礎力のベースアップを図る必要がある。」としている。

人材育成に多額の投資をする欧米系企業もある中で、日系企業がこれまでOJTが中心であった理由は、育成しても直ぐに辞めてしまうことが要因の一つであると考えられる。

これに対しCDLの鳴海氏は、「外国人労働者に頼らず現地スタッフの育成に原点回帰しても今までと同じOJTでは結果は変わらない。どんなことをやっても一定の離職者が出てしまうことは摂理として受け留め、成長を自覚できる良質な訓練を企業が提供して社員の定着率を向上していくほかに現地化の道は無いだろう。極論を言えば、育成するか撤退するかと言えるかもしれない。」と語った。

会社概要
会社名 : Creative Diamond Links Co., Ltd.
(クリエイティブ ダイアモンド リンクス)
代表者:CEO 鳴海貴紀
所在地 : Tous Les Jours Monivong Building, 1F, #298, St.93, Boeung Raing,Daun Penh, Phnom Penh, Cambodia
問い合わせ先:info@cdl-consultant.com
WEBサイト:www.cdl.-consultant.com

会社名:MRTS Consulting Ltd.
代表者:Director Mr.Choeu KHORN
所在地:#115 ,St.6 , Toul Sangke, Russey Keo, Phnom Penh, Cambodia
WEBサイト:www.mrts-cambodia.com

その他の注目記事

人気記事ランキング