カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年12月24日
  • カンボジアニュース

カンボジア保健省 食中毒発見件数の減少を発表[社会]

news_201712234
(c)Khmer Times

 保健省は、2017年の食中毒件数が昨年の約20件に比べて9件に減少したことを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 保健省の担当責任者は、過去3年間の食中毒の発生件数が、2015年33件、2016年19件と減少していることを指摘し、「カンボジアの人々が以前よりも衛生の理解が高まったからだ」と語った。

 同省はレストラン等のオーナーに対し、食中毒を減らすための食品衛生に関する訓練を受けるよう即しており、同氏によると、全国4000軒のレストランや食堂の約1800軒(48%)が食品衛生に関する訓練証明書を受理していると述べた。

関連記事
社会
カンボジア・プレイベン州で鳥インフルザが発生[社会]
(17日)
社会
モンドルキリ州で鳥インフルエンザ発生の疑い カンボジア[社会]
(04日)
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(01月12日)
社会
カンボジアの自発的な献血は約3割 近隣諸国に比べ低い[社会]
(12月23日)
社会
ミャンマー カンボジアに抗毒血清を輸出[社会]
(12月21日)
労働
タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]
(12月08日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース