カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2019年12月13日
  • カンボジアニュース

プノンペンに新しい車両安全検査センターが開設[社会]

news_201912131
(c)Khmer Times


 プノンペンに新しい車両安全検査センターが開設された。クメールタイムズが報じた。

 公共事業運輸省スン・チャントール大臣は、検査証明書の有効期限が満了した30万台超の車両所有者に対し、検査を受けるよう呼びかけた。

 報告書によると、2017年には22万9444台、2018年には31万8394台、2019年は31万6958台が検査されました。道路上の車両のほとんどが中古車またはトラックだ。安全を確保するため、道路を走行するすべての車両は2年ごとに検査をしなければ罰金が課せられる。

 同省によると、カンボジアには現在、全国で13か所の車両安全検査センターがあり、プノンペンに4か所、バッタンバン、カンポンチャム、シェムリアップ、プレアシアヌーク、カンポンスー、カンポンチュナン、クラティエ、ラタナキリ、プレアビヒアに各1か所の合計9か所ある。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース