カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 統計
  • 2017年11月20日
  • カンボジアニュース

カンボジアの免税品小売市場の拡大を予測[統計]

 インドに拠点を置く市場調査会社、アークストアが発表した報告書、「2017-2022カンボジア免税品小売市場」によると、カンボジアの免税品小売市場は、昨年の2457万ドルから2022年末には3628万ドルに大きく拡大し、今後6年間で市場の年間成長率は8.1%に達すると予測されている。

 国際的な免税小売企業グループのうち、カンボジアにはスイス、中国、仏国に拠点を置く3社が進出している。

関連記事
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(11月09日)
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(10月18日)
経済
カンボジア 新車に比べ、依然として輸入中古車が人気[経済]
(10月17日)
経済
米系大手デニムブランドの大型路面店 シェムリアップにオープン[経済]
(10月10日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(09月20日)
経済
カンボジアの小売市場は大きな飛躍を遂げる 今後は供給過多を懸念[経済]
(08月14日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
統計の最新ニュースランキング
最新ニュース