カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 統計
  • 2016年10月4日
  • カンボジアニュース

国際競争力ランキングで順位上昇も、腐敗や教育アクセスでいまだ困難あり[統計]

news_201610041
(c)Phnom Penh Post

 毎年ダボス会議を主催している団体「世界経済フォーラム」が発表した国際競争力ランキングによれば、カンボジアは昨年から順位を1つ上げて89位になっている。

 腐敗率の高さや高等教育へのアクセスの難しさは依然として存在する一方、わずかな改善が見られた。ラオスは昨年の83位から93位と大きく後退しランキングでカンボジアに抜かされた形だ。ミャンマーは昨年131位にランクインした後、今年のランキングから除外された。

 同報告書はビジネスの難しさについて、高等教育アクセスの不足に基づく適切な人材の不足により、腐敗率がトップレベルになっていることに言及した。

関連記事
社会
貧しい子の初等教育の質の向上のためカンボジアに助成 GPE[社会]
(12日)
政治
フン・セン首相 カンボジアの科学研究分野の予算を増額[政治]
(03月18日)
政治
教育関係者を解雇 政治的理由か シェムリアップ州[政治]
(02月19日)
社会
ラタナキリ州の少学校 モバイルアプリで読解力の向上を促進[社会]
(11月13日)
経済
国連の開発目標達成に 情報技術への投資が不可欠[経済]
(10月27日)
経済
カンボジア中央銀行 金融リテラシーの教育を初等・中等教育に導入を予定[経済]
(10月01日)
あわせて読みたい
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート04―日本人の常識はカンボジア人の非常識
業界
日本の学校ではできない体験ができる[教育・学習支援]三浦 信宏(2/2)
業界
カンボジアとの関わりも教育に導入[教育・学習支援]三浦 信宏(1/2)
統計の最新ニュースランキング
最新ニュース