カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 統計
  • 2015年2月19日
  • カンボジアニュース

2014年のカンボジア・日本間の貿易規模は約10億ドル[統計]

 2014年のカンボジアと日本の貿易規模は10億8,600万ドルに上り、2013年の7億8100万ドルに比べ39%上昇した。

 この情報はカンボジア・日本経済状況報告書によるもので、同報告書によると2014年、日本からカンボジアへの輸入は2億7000万ドルで、前年より32%上昇した。主な輸入品目は車、電気機械、工業製品、工業製品の原材料などとなった。カンボジアから日本への輸出は8億1600万ドルで前年より41%上昇した。こちらの主な品目は服、靴、車の部品、電気機械、ダイヤモンドなどとなっている。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
シアヌークビル自治港 上半期コンテナ輸送が順調[経済]
(03日)
経済
カンボジア 中国・上海にも貿易センター開設予定[経済]
(07月28日)
経済
トウモロコシ農家を助けるべく 政府が緊急融資資金を流用[経済]
(07月19日)
経済
カンボジア・タイの話し合いで貿易フォーラム延期[経済]
(07月09日)
経済
タイ―カンボジア間の鉄道 いまだ完成の目処立たず[経済]
(06月29日)
経済
カンボジアのカシューナッツ価格 わずかに下落[経済]
(06月07日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
統計の最新ニュースランキング
最新ニュース