カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年2月20日
  • カンボジアニュース

2030年までにカンボジアから最貧困層をなくす 国際農業開発基金[社会]

 カンボジア政府と国際農業開発基金(IFAD)は合同プロジェクトにより、2030年までに全ての最貧困層農民の生活水準を引き上げると宣言した。AKP通信が報じた。

 カンボジア政府とIFADが共同して進めるプロジェクトは2019 -2021年で全ての最貧困層のカンボジア人の生活水準を引き上げ、まずは低所得層とし、さらに徐々に中所得層を増やしていくというものだ。

 これにより、国際農業開発基金(IFAD)のカンボジアへの支援額2019までに45万ドルとなる。

 国際農業開発基金(IFAD)は発展途上国の農村地帯の貧困者の所得を改善し、経済的自立を目的とする国連の専門機関の一つである。

関連記事
経済
日本への輸出 今年上半期は2桁成長まで回復 カンボジア[経済]
(03日)
経済
シェムリアップとコンポントム州で新しい有機野菜市場が開設[経済]
(01日)
経済
カンボジアの今年上半期の関税収入が28%増 関税消費税総局[経済]
(07月19日)
経済
カンボジア国立銀行 今年の実質経済成長率を7%と見積もる[経済]
(07月16日)
経済
輸出・観光・農業の力で成長するカンボジア経済[経済]
(05月15日)
経済
プノンペン経済特区 持続可能な住宅開発のためデザインコンペ[経済]
(05月14日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース