カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2014年7月4日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府はタイと協力し新たな国境ゲートを整備する予定[社会]

 7月1日、ホー・ナムホン外務大臣はプノンペンにてタイ王国外相と会談をおこない新たな国境ゲートを整備する予定であることを明らかにした。

 会談後の会見でホー・ナムホン外務大臣は新たな国境ゲートの整備について、「両国は協力し既存のポイペトのゲートの近くに新しく国境ゲートを整備する予定だ。この新しい国境ゲートはポイペトでの荷物の輸送を終わらせるためのものである。既存のポイペトのゲートは観光客の使用に限定していく予定だ」と述べた。

 この新しい国境のゲートがいつ整備されるのかという記者の質問に対して両国大臣は、「整備の時期はまだ明確ではない」と回答し整備時期は明確にされなかった。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
プノンペン―ポイペト間の鉄道工事 2018年末までに完成へ[経済]
(20日)
経済
タイのインスタント麺メーカー 工場設立に向けカンボジアに土地購入[経済]
(06日)
日系
豊田通商 SANCOポイペト経済特区にテクノパークを正式発足[日系]
(12月12日)
経済
ドナコ 900台のスロットマシンをポイペトへ設置[経済]
(11月03日)
社会
タイに360人の政府職員を派遣 年末までにカンボジア人不法労働者に法的書類を与える[社会]
(09月10日)
経済
カンボジア―タイ 二重課税回避する租税協定に合意[経済]
(09月09日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース