カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2021年1月26日
  • カンボジアニュース

ハラール専門の行政組織を商業省内に設立予定 カンボジア[社会]


ハラール運営委員会は設置令の改正について協議

 カンボジア政府は、商業省消費者保護・競争・不正防止総局の管轄下にハラール局を設立する。

 また今後はカンボジアハラール運営委員会(CHSC)の設置令の改正やハラール表示法の施行なども視野に入れる。

 ハラール製品の管理の厳格化は、イスラム教徒の観光客を引き付ける上で重要な役割を果たすものと期待されている。

 商業省によると、カンボジアでは666種類の商品がすでにハラール認証を受けている。

関連記事
観光
来年のための観光事業の営業ライセンスの更新料金を免除 カンボジア[観光]
(12月11日)
観光
民間部門、来年の観光復興にほとんど希望を持っていない カンボジア[観光]
(11月24日)
観光
ナガコープ、シェムリアップに統合型リゾートの開発計画を発表 カンボジア[観光]
(11月18日)
経済
宝石・宝飾品の輸出額、1~8月で20億ドルを超える カンボジア[経済]
(11月13日)
経済
9月末時点で150万台以上の自転車を輸出 カンボジア[経済]
(11月05日)
観光
観光省、民間との協議会で中国人を優先した観光政策を提案 カンボジア[観光]
(10月30日)
あわせて読みたい
特集
ウン・コンターパヴィー女性大臣が語る、女性の社会経済的エンパワーメント
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
パン・ソラサック商業大臣が語る、商業部門の未来と日本への期待
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース