カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2020年6月23日
  • カンボジアニュース

ベトナムとの国境制限が3ヶ月ぶりに解除 カンボジア[社会]

news_202006232-min
(c)Khmer Times

 外務国際協力省は、今年3月から新型コロナウイルス感染拡大の影響により閉鎖されていたベトナムとの国境を超える移動の制限を解除すると発表した。クメールタイムズが報じた。

関連記事
労働
観光業は4万5000人以上の労働者が失業 カンボジア[労働]
(06日)
経済
私立学校は大幅な収入減で大打撃を受けている カンボジア[経済]
(06月25日)
経済
第1四半期、タイとの貿易額が31億ドルに達する カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
マイクロファイナンス機関、約8億ドルの返済条件変更を承認 カンボジア[経済]
(06月08日)
経済
カンボジアの経済成長の見通しは堅調=ムーディーズ[経済]
(05月25日)
経済
中小企業銀行の融資制度を緩和 返済期間を7年に延長 カンボジア[経済]
(05月21日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース