カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年7月26日
  • カンボジアニュース

食品安全プログラムは4年間の延長へ メコン研究所[社会]

news_201807261
(c)Khmer Times

 カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム(CLMV)のメコン研究所が実施する食品安全プログラムが2022年まで延長された。クメールタイムズ紙が報じた。

 メコン研究所によれば、誰にとっても安全な食糧を提供するプロセーフ(Prosafe)プロジェクトはニュージーランド援助プログラムの支援を受け、現在第2段階に入っており、地域の食糧の安全性を高めることに焦点を当てている。

 メコン研究所の農業開発部のメディアルディア氏は、「食品の品質と安全性は、より質が高く栄養価のある安全の食糧を求める消費者、国際市場へのアクセスにおいて厳しい規制を求める消費者の観点から今日の農業開発において考慮すべき点だ」と述べた。

 同氏は続けて、「政府関係者だけでなく、生産者、加工業者、流通業者などの民間部門のメンバーの知識と技能を高めることも含まれる」と語った。

関連記事
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(06日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
経済
カンボジアコメ協会会長 EU関税導入検討に懸念表明[経済]
(03日)
経済
カンボジア産キャッサバの価格が上昇[経済]
(11月30日)
経済
サトウキビ産業 砂糖会社の生産要請により今後の伸び期待 カンボジア[経済]
(11月24日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース