カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年6月30日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相 HIV感染者に対し差別しないよう呼びかける[社会]

news_201806301
(c)Khmer Times

 フン・セン首相は28日、縫製労働者にHIV感染者との差別をしないよう呼びかけ、すべての労働者がHIV予防について互いに教育しなければならないと述べた。クメールタイムズ紙が報じた。

 先月首相は、薬物使用者の間でHIV感染が増加したため、安全な性交渉を促し、結婚前または恋愛関係になる前には血液検査を受けるよう労働者に指示した。

 国連は昨年、カンボジアがアジア太平洋地域の他国よりHIVに対する治療が先行していることを称賛しており、同国では5万7000人がHIV陽性であり、感染推定者の8割が抗レトロウイルス療法にアクセスしている。

関連記事
社会
5000万ドル投じ、トボンクムン州に病院建設 中国支援[社会]
(05日)
社会
健康診断とがん治療を無料で提供 カンボジア[社会]
(12月01日)
経済
中国江蘇省 シアヌークビルへさらなる投資へ カンボジア[経済]
(11月02日)
社会
カンタボパ小児病院に資金を提供 カンボジア[社会]
(10月14日)
社会
2018年上半期 デング熱の症例数2倍 カンボジア[社会]
(08月01日)
経済
第4回カンボジア医薬フェアが9月にダイアモンドアイランドで開催[経済]
(07月21日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース