カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年6月24日
  • カンボジアニュース

カンボジア保健省 雨季にインフルエンザを警告[社会]

news_201816242
(c)Khmer Times

 保健省は、雨季に流行する季節的な病気に注意するよう全国の住民に訴えている。クメールタイムズ紙が報じた。

 20日水曜、保健省の伝染病管理部長は、「雨季に突入したことに伴い、インフルエンザの症例が増加している。特に5歳未満の子供と65歳以上の高齢者にH1N1型とB型インフルエンザが発症していることが判明した。大規模な流行はまだ確認されていないが、住民は引き続き注意が必要だ」と語った。

 保健省は以前、H1N1型とB型インフルエンザを季節性インフルエンザと指定している。水資源気象省によると、同国は6月18日から24日まで天候が厳しくなると予想されており、同時に感染にも注意が必要だ。

関連記事
経済
水資源気象省は農作物の収穫時期を早めるよう求める カンボジア[経済]
(18日)
社会
カンボジア水資源気象省 各地方に洪水警報を発令[社会]
(14日)
社会
カンボジア王室からカンタボパ小児病院に100万ドルの恩賜[社会]
(12日)
社会
フン・セン首相 HIV感染者に対し差別しないよう呼びかける[社会]
(06月30日)
労働
カンボジア労働省 医療施設を持たない全ての工場に罰金[労働]
(06月24日)
経済
インド カンボジアに医大と病院建設へ[経済]
(06月02日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース