カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年5月26日
  • カンボジアニュース

洪水対策のための防災機関による米や種の備蓄すすむ カンボジア[社会]

news_201805261
(c)Phnom Penh Post

 干ばつや洪水などの自然災害に直面している農村部のカンボジア人を支援するため、政府がコメと農作物の種を2万2000トン備蓄したと、国家防災諮問委員会が発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジアにとって、干ばつ、洪水、暴風雨は、毎年国家予算の何百万ドルも費やしており、破損したインフラの修復に資金が費やされている。今年政府は、「自然災害の被害者を支援するために、1万トンのコメ、2000トンの種もみ、および50トンの他の作物の種子を確保している」と述べた。

 水資源気象省は、「この雨季は降雨量が多いと予想され、深刻な洪水を引き起こす可能性がある」と語った。

関連記事
経済
カンボジア産天然ゴム、生産増加するも労働力不足と価格低迷で先行き不透明[経済]
(18日)
経済
中国当局、カンポット州のバナナ工場を視察 カンボジア[経済]
(06月19日)
社会
プノンペン知事、排水溝へのゴミ捨てを止めるよう呼びかけ[社会]
(05月17日)
経済
ドリアンの収穫高は悪天候のため減少 カンボジア[経済]
(05月15日)
経済
農産物の輸出に対する付加価値税を2023年まで免税か カンボジア[経済]
(04月01日)
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(01月18日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース