カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年3月25日
  • カンボジアニュース

デング熱 昨年の2倍以上の感染数を見せるも「制御可能」 カンボジア[社会]

news_201803253
(c)Phnom Penh Post

 今年のカンボジアのデング熱の感染症数は、昨年同時期の症例数350人を2倍以上上回る800人以上となり、ピークシーズンはまだ続くと予想される。プノンペンポスト紙が報じた。

 国際デング熱制御プログラム(NDCP)の責任者は、「初めの感染数は週約100例だったが、次第に80~90まで低下している。これは制御可能レベルだ。感染数は増加しているが、年間の統計では高くはならないだろう」と述べた。

 政府によると、年1万4500人が平均症例数であり、2018年も1万人から1万7000人程度と予測している。ピークは7月から8月の雨期で、5~6年のサイクルで急増し、直近の深刻な年では、約4万人が感染し、160人が死亡した。タイミング的には2017年か2018年に高い数値となると予想もある。

 政府は、4万個の静脈内液剤キットと5000リットルの農薬を各県に送り、112名の医師を派遣する。また、世界保健機関(WHO)へ保健教育の支援を要請しており、回答を待っているという。

関連記事
社会
世銀、医療人材の育成システムの強化に1500万ドル融資 カンボジア[社会]
(06月01日)
政治
フン・セン首相、コロナウイルスに関し中国を支援[政治]
(01月31日)
社会
カンボジアの大気汚染、工場や車両、森林火災、廃棄物の焼却などの煙が原因[社会]
(01月20日)
社会
4380万ドル費やし貧困者等に健康管理サービスを提供 カンボジア[社会]
(12月27日)
経済
カンボジアの製薬会社、鎮痛剤の輸出を検討[経済]
(12月19日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。[医療・医薬] 野々村 秀明
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース