カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年2月27日
  • カンボジアニュース

2017年 マラリア件数、前年比の約2倍に増加 カンボジア[社会]

news_201802271
(c)Khmer Times

 カンボジア保健省の関係者によると、2017年のマラリア件数は前年比で100%近く増加したと述べた。クメールタイムズ紙が報じた。

 マラリア対策センターは公式報告で、2017年度はマラリアが4万5991件、死亡数1件と発表。

 同センターの責任者は、シェムリアップ州で開かれた年次総会で、「マラリア症例の増加は、村のボランティア・サービスが中止されたことによるものだ」と語った。

 コミュニティレベルに基づくこのサービスは、村人の教育を助け、マラリア治療を提供していた。

 マラリア対策センターは、バッタンバン州コンポンシュナン州コンポントム州シェムリアップ州パイリン州コンポンスプー州のマラリア発生率を1000人に1人に減らすことを望んでいる。

 同氏は、「マラリアを治療する村のボランティア・地域社会のサービスに協力し、促進する必要がある。また、160万件以上の殺虫剤処理された蚊帳を、脆弱な人々に配布する用意ができている」と語った。

関連記事
社会
カンボジア保健省、女性と障害者を優先して公務員採用[社会]
(05月16日)
社会
毎年恒例の赤十字イベント 2000万ドル以上の寄付金を集める カンボジア[社会]
(05月09日)
社会
貧困世帯の母子に手当を段階的支給 カンボジア[社会]
(05月03日)
社会
カンボジアは深刻な眼科医不足[社会]
(04月18日)
社会
カンボジアの妊産婦死亡率 大幅に改善されるも依然として高い [社会]
(04月16日)
社会
5000万ドル投じ、トボンクムン州に病院建設 中国支援[社会]
(03月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース