カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年2月16日
  • カンボジアニュース

カンボジア 中華正月を家族と祝う[社会]

news_201802161
(c)Phnom Penh Post

 中国文化の影響を強く受けているカンボジアでは、中華正月シーズン中に多くのグリルされた豚肉が売れる。プノンペンポスト紙が報じた。

 休暇を取る多くのカンボジア人と違い、豚肉加工業で働く労働者には中華正月シーズンは最も忙しくなる時期だという。

 ある豚肉加工業者は、中華正月の前後の週で半年分以上の売り上げをだすと語る。「注文は約1ヶ月前から始まり、今年は1万5000頭以上のブタ肉を販売する予定だ」という。

 同氏は、「多くのカンボジア人は、中華正月に家族の繁栄のお祝いをする。そのときにグリルされた豚肉を含む多くのものにお金を出す」と述べ、「多くの人々がカンボジアの経済状況に希望を持っており、お祝いをすることで彼らの生活がより良くなると信じている」と語った。

関連記事
経済
シンガポールのキャピタランド社 プノンペンでモールを運営[経済]
(03月23日)
経済
サークルK カンボジアで初めての店舗をオープン[経済]
(02月02日)
経済
マレーシア二輪車メーカー カンボジア市場へ参入[経済]
(01月13日)
統計
カンボジアの免税品小売市場の拡大を予測[統計]
(11月20日)
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(11月09日)
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(10月18日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテル 中華正月イベントのお知らせ
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース