カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年2月4日
  • カンボジアニュース

モンドルキリ州で鳥インフルエンザ発生の疑い カンボジア[社会]

news_201802041
(c)Khmer Times

 モンドルキリ州は2月1日、鳥インフルエンザ(H5N1)が発生した疑いがあると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 モンドルキリ州当局は、同州で飼育されていた60羽以上のニワトリに病気の徴候があったとし、「検査の結果はまだ得られていなが、現在、村人たちに注意を促している」と述べた。また、消毒剤を散布し対応したと語り、今のところ感染した村人はいないと報告した。

 農林水産省の報告によると、2017年には家畜飼育農場で殺ウイルス性の消毒剤を約40万回散布し、H5N1の感染が4例があった。しかし、今年1月初め、プノンペンのセンソック区で新型H5N1が発見され、約300羽ニワトリとカモが殺処分されている。

関連記事
社会
プノンペンの大気汚染問題を否定 カンボジア環境省[社会]
(09日)
社会
デング熱 昨年の2倍以上の感染数を見せるも「制御可能」 カンボジア[社会]
(03月25日)
社会
2017年 マラリア件数、前年比の約2倍に増加 カンボジア[社会]
(02月27日)
社会
カンボジア・プレイベン州で鳥インフルザが発生[社会]
(02月17日)
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(01月12日)
社会
カンボジア保健省 食中毒発見件数の減少を発表[社会]
(12月24日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース