カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年12月21日
  • カンボジアニュース

ミャンマー カンボジアに抗毒血清を輸出[社会]

 ミャンマーの国営製薬工場は、2018年初めに抗毒血清をカンボジアに輸出する予定だ。プノンペンポスト紙が報じた。

 同工場は2012年から生産を行い、薬瓶12000本以上の保有する在庫から、ASEAN諸国に輸出することが可能になったという。 年間5万本の薬瓶をカンボジア、ラオス両国にそれぞれ輸出するという。

 世界保健機関(WHO)によると、これまでカンボジアでは、効果的な抗毒血清の利用が困難だったため、蛇に噛まれた患者の処置が不十分だったという。

関連記事
社会
カンボジア・プレイベン州で鳥インフルザが発生[社会]
(17日)
社会
モンドルキリ州で鳥インフルエンザ発生の疑い カンボジア[社会]
(04日)
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(01月12日)
社会
カンボジア保健省 食中毒発見件数の減少を発表[社会]
(12月24日)
社会
カンボジアの自発的な献血は約3割 近隣諸国に比べ低い[社会]
(12月23日)
労働
タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]
(12月08日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース