カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年8月15日
  • カンボジアニュース

アンコール遺跡公園内の違法住宅 撤去はじまる[社会]

news_201708152
(c)Phnom Penh Post

 13日、アプサラ機構とシェムリアップの地方当局らは、10日から始まったアンコール遺跡公園の保護区内に違法で建設されている住宅の撤去に関して、520戸のうち49戸を解体したと発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 アプサラ機構は、8月1日、アンコール寺院への被害を防ぐために、保護地区内に建設された520の住宅を解体すると警告。当局によると、それらの住宅は2017年の地方選挙の期間中に建設されたもので、業者らは不確実性に乗じて計画を押し進めたという。

 しかし、一部の地元住民は、小規模住宅が不当に標的にされており、同地域のホテルや巨大施設は対象となっていないと非難している。

関連記事
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
経済
シアヌークビルの不動産 中国からの投資により急成長を遂げる[経済]
(07月13日)
観光
アンコールワットの入場チケット収入 今年上半期18%増加[観光]
(07月02日)
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
タイのコメ製品のパッケージにアンコールワット寺院を無許可で使用[経済]
(06月14日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース