カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年7月19日
  • カンボジアニュース

ホワイトビルディング 解体作業始まる[社会]

news_201707194
(c)Khmer Times

 17日、4か月間にわたり進行する解体プロジェクトのためプノンペンのホワイトビルディングの周囲にはフェンスが建てられた。クメールタイムズ紙が報じた。

 この作業は、国土整備・都市化・建設省、ホワイトビルディング跡地の開発を進めるアラカワ、および建設業者からなる50人の代表者とホワイトビルディングの元住人たちが出席した伝統的な仏教儀式で始まった。

 国土整備・都市化・建設省の担当者は、ホワイトビルディングの492世帯のうち4~5世帯を除くすべての家族が退去したと語った。残りの居住者たちは今週退居する予定だが、建設業者は17日に解体作業を開始した。

 同担当者は、「業者は近代的な技術を使用して建物を解体し、騒音や塵を最小限に作業するので、近隣住民に迷惑をかけることはない。解体には約4ヶ月かかる」と述べた。

 ホワイトビルに30年間住んでいた女性は、建物の解体を寂しいとしながらも、同様のケースに比べ、元住人に対する財産の移譲に関して政府はよく管理していたと評価し、「チア・ソパーラー建設大臣の平和的解決に満足している。親戚や友人たちとの接触がなくなるのはさみしいが、私たちは新しい友人、そして新しい人生を築いていく必要がある」と話した。

関連記事
経済
建設プロジェクト増加も カンボジア人への恩恵は少ない[経済]
(19日)
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
経済
韓国・富栄(ブヨン )プロジェクト 最終的に建設開始[経済]
(09月25日)
経済
カンボジア建設省、未登録の外国人建築家や技術者 国外追放も視野に[経済]
(09月03日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース