カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年7月14日
  • カンボジアニュース

ホワイトビルディング取り壊しに対するデモ 17日より開始か[社会]

 国土整備・都市化・建設省によると、ホワイトビルディングの取り壊しに対するデモが今月17日から始まる。カンボジアデイリー紙が報じた。

 同省はフェイスブックページで、「今月17日にホワイトビルディングが取り壊されることを国民に知らせたい」と投稿。取り壊しは周辺住民に邪魔になると付け加えつつ、国民に注意し協力するよう促した。

 同省の職員らは、1平方メートル1400ドルの売却価格に合意していない25の家族の結末については説明していない。

 ホワイトビルディングは、1960年代に建てられた低収入向けのアパートであり、2014年に安全でないと宣言された。現在土地は日系開発者の「アラカワ」が所有し、今後、21階建て、8000万ドルの複合施設を建設する計画だ。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
経済
コンドミニアムの供給が僅かに増加 カンボジア[経済]
(10月25日)
経済
建設投資額が14%減少 カンボジア[経済]
(10月20日)
経済
今後5年間の不動産業界の成長を予測 カンボジア[経済]
(10月06日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
政治
土地開発に新たな規制 カンボジア[政治]
(09月29日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース