カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年6月8日
  • カンボジアニュース

ホワイトビルディング 転居が始まる プノンペン[社会]

news_201706081
(c)Khmer Times

 6日、プノンペンの「ホワイトビルディング」の住人たちは転居を始めた。一方で、住人の一部は退去しないという意見を通し続け、家を離れるつもりはないと述べている。クメールタイムズ紙が報じた。

 1階に住んでいた69歳になる住人は、彼女の持ち物を荷造りし、30年の幸せな思い出に浸った。彼女はいつも隣人とのコミュニケーションを楽しみ、その共同体意識を愛していたと言う。「正直に言って、私たちはこの建物に起こっていることが悲しい。私たち住人はいつも下に降りて一緒に座っていた」。

 31歳のある住人は、不本意ながらも、1平方あたり1400ドルの価格で日本人の開発者に売却することに同意したという。「私はここで生まれ、両親は1979年からここに住んでいる。引っ越すのは気が重い」。

 先週、国土整備・都市化・建設省チア・ソパーラー大臣は492世帯のうち464世帯が、日本の開発者に売却するか、改装された建物でアパートを借りることに合意したと話した。大臣は、人びとの転居を支援するために各家庭に100ドルずつ支払い、カンボジアの伝統的な布、サロンクロマーを贈るという。



 しかし、依然として約20世帯が退去を拒否している。彼らは投資家から提供されている価格では、市内中心部に別の家を買うのにあまりに少ないと主張している。ある住人は、「開発者から提示された金額は、土地や家を購入するのにはあまりに少ない。私は開発を妨げているわけではないが、売却価格をもう少し引き上げてほしい」と述べている。

 これに対し、国土整備・都市化・建設省の広報担当者は、価格の引き上げはないと主張し、この契約に署名するように求めた。

 また、現地NGO団体HRTF(Housing Rights Task Force)の代表者は、退去を拒否している住民に対して、「彼らは大多数の人々に従わなければならない。96%が既に退去に同意していれば、残りの人々は反対することはできない。既に退去している人に不公平だ」と述べた。

 チア建設大臣のフェイスブックによると、6日、ホワイトビルの80人の居住者が退去し、すでに現金を受け取っているという。

関連記事
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
社会
カンボジアの道路の半分以上が「粗悪」と分類 公共事業運輸省[社会]
(12月19日)
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12月12日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース