カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年4月29日
  • カンボジアニュース

カンボジアの国家予算の少なくとも2割は教育費に充てるべき[社会]

news_201704291
(c)Phnom Penh Post

 25日、教育分野のNGO団体は、政府に対して国家予算の少なくとも20%を教育費に充てるよう要請した。プノンペンポスト紙が報じた。

 現在、教育に関する支出は政府支出の18.3%を占め、2017年には23.1%、2018年には25%になる見通しである。政府の教育に対する予算は増加しているものの、カンボジアの教育への投資は周辺諸国よりも低いままだ。

 NGOのエデュケーション・パートナーズ代表は、「現在の教育費は国内総生産(GDP)の2.7%に過ぎない」と述べた。これに対し、ベトナムはGDPの7%を教育に費やしている。

 教育・青少年・スポーツ省の広報担当者は、「今年度の予算は6億ドルで、2014年から3億3500万ドル増加した。カンボジアの教育への支出はGDPが同じ程度の国々よりも高い」と主張した。

 野党のカンボジア救国党のある議員は、「豊かな政府当局者は、自分たちの子どもを海外留学させるために公立教育を怠った。教育に注ぎ込むことができる資金は、代わりに他のよりくだらない分野に浪費されている」と非難した。また、同氏は、「政府からの教育支出は支出ではなく投資とみなされるべきだ。教育部門に投資すれば利益はより大きくなるだろう」と付け加えた。

関連記事
経済
カンボジア・中国外交60周年を記念して 高速道路・新空港の建設に調印[経済]
(15日)
社会
プノンペン自治港 4月にフェリーサービスを開始[社会]
(05日)
政治
国家警察長官 「カラー革命」の打破を発表[政治]
(12月30日)
経済
1月からプノンペン―シアヌークビル間の高速道路建設[経済]
(12月29日)
政治
来年7月総選挙後まで閣僚再編は無い可能性 カンボジア[政治]
(12月27日)
政治
来年2月の上院選 カンボジア救国党が除外[政治]
(12月26日)
あわせて読みたい
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート04―日本人の常識はカンボジア人の非常識
業界
カンボジア人には手順を段階的に説明する必要がある[人材・コンサル]ソー・キナール(2/2)
業界
業務体制の自動化が進んでいる[人材・コンサル]ソー・キナール(1/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース