カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年12月5日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府はHIVによる母子感染を防止することを目標に掲げる[経済]

news_201612053
(c)Phnom Penh Post

 「政府は、2020年までにHIVの母子感染を防ぐことを目標としている。妊娠中の女性が薬を服用すれば、8割は母子感染を防げる。今年はAIDSにより、646名が亡くなり、新たに3951名の感染が記録された」と国家エイズ局長は述べた。プノンペンポスト紙が報じた。

 50歳のある母親は、15年前にHIVに感染したという。彼女の当時の夫が頻繁にセックスワーカーのもとを訪れた結果、夫は感染し、夫から彼女も感染したという。しかし、彼女の再婚した夫は子供が欲しかったため、医者に妊娠中のHIV感染を防ぐ薬の相談をした。薬の購入は金銭的に厳しかったが、幸いにも彼女の息子はHIVに感染していない。

関連記事
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(18日)
社会
エイズ、結核、マラリア対策へ米国NPO団体が8300万ドルの寄付[社会]
(16日)
社会
カンボジアでは若者による献血が活発に[社会]
(09月11日)
経済
カンボジアからタイへの医療観光 長期の医療ビザが可能に[経済]
(08月15日)
社会
生活習慣病の増加 健康への配慮を警告 カンボジア保健省[社会]
(08月10日)
社会
フン・セン首相 社会保障制度の計画を発表[社会]
(07月26日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース