カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年11月22日
  • カンボジアニュース

カンボジア・コッコン州でマリファナ600株が発見される[社会]

news_201611221
(c)Khmer Times

 コッコン州トマバン(Thma Bang)地区の現地警察が17日、マリファナ600株を発見した。クメールタイムズ紙によると、誰が植えたものかは不明だ。

 現地警察の副署長は、「現在はマリファナ畑の所有者を捜索中だ」と述べた。同氏によると、畑付近の土地には複数の所有者がいる。

 薬物規正法第31条では、麻薬植物の栽培は20年以下の懲役又は5000万リエル(1万2500ドル)の罰金が課せられる。

関連記事
社会
ダム被害者に新たな施設を設ける カンボジア・ストゥントレン州[社会]
(04日)
社会
クメール正月中 交通事故91件、死亡者数は47人に[社会]
(04月21日)
社会
さらに約100人の中国人 VoIPによる詐欺行為で逮捕[社会]
(03月13日)
社会
薬物取締の特別部隊を空港へおくことを検討 カンボジア当局[社会]
(03月07日)
社会
交通法と薬物法の教育を宗教指導者達に要請 カンボジア[社会]
(03月05日)
経済
コッコン州に大規模太陽光発電所の建設を発表 カンボジア[経済]
(02月03日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
今後も大きな成長産業になると期待。フォルテ保険[保険]チャールズ・チェオ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース