カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年10月10日
  • カンボジアニュース

プノンペン中心部は飽和状態、北部が急速に発展中[社会]

news_201610103
(c)Phnom Penh Post

 すでに飽和状態に近いプノンペン中心部から郊外へ目を移す投資家が多く、特に北方向へ急速に拡大している。イオン2号店も出店予定だ。

 CBREカンボジアの副ディレクターであるティダ・アン氏は、「プノンペンの北部エリアは現在最も急速に発展しており、また土地の余剰も大いにある。高地なので洪水被害も発生しにくく、プノンペン国際空港から近い。インフラ整備も進みつつある」と語る。

 同氏は、「このエリアにはボレイの開発計画が多くあり、中所得層が生活拠点として選んでいる。将来的なポテンシャルも高く、平方メートルあたりの地価は500ドル程度だろう」と述べた。

 カンボジア住宅開発協会(HDAC)のフイ・ヴァンナ氏によれば、2035年までの国家政策と都のマスタープランでは、国道5号線やアンコール通り、グランドプノンペン沿いの道路など、特定エリアの開発に注力している。

 同氏は「中心部に比べて空気もよく治安がいいので、人々が居住地として選ぶようになってきた」と語る。
2018年にはイオンモール2号店も完成予定のほか、オーストラリア系の有名インターナショナルスクールの建設も完成間近だ。

関連記事
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(02日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
経済
不動産会社CBREが第3四半期の不動産市況を報告[経済]
(10月16日)
法律
不動産所有者に対し外国人の賃貸に報告義務を課す カンボジア[法律]
(08月30日)
経済
カンボジア中銀、開発業者が提供する住宅ローンの利用者に忠告[経済]
(07月31日)
経済
カンボジアの商業物件の空室率は過去10年間で最低[経済]
(07月19日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース