カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年10月6日
  • カンボジアニュース

プチュンバン(カンボジアの盆)の交通事故が僅かに減少[社会]

news_201610061
(c)Khmer Times

 お盆期間中の交通事故が僅かに減少した。今年はプチュンバンの5日間で約30人が死亡し、140人が交通事故で負傷している。

 国家警察は11月3日、「10月28日から11月2日までの交通事故件数は75件、うち死亡者は28人、負傷者は139人。中でも深刻で、緊急に医師の診察を要したのは87人で、昨年に比べて少なかった(昨年の交通事故件数は109件、死亡者45人、負傷者218人)」と述べた。うちオートバイの交通事故は68%、車両は32%だった。

 また、事故原因については36%がスピード違反、危険追い越しは16%で、飲酒運転は15%だった。昨年は、42%がスピード違反、追い越しが11%、飲酒運転が8%である。

 また、休暇中の火災について昨年の9件に比べ今年は1件だけだったと発表している。

関連記事
社会
医師からの処方箋なしでの抗生物質の販売を禁止か カンボジア[社会]
(17日)
社会
ナンバープレートのないトゥクトゥク運転手 170人を取り締まり[社会]
(15日)
コラム
カンボジアでもインフルエンザは油断大敵[コラム]
(06日)
社会
水祭りに合わせ48人の囚人に恩赦が適応される見込み カンボジア[社会]
(10月31日)
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(10月18日)
経済
カンボジア 新車に比べ、依然として輸入中古車が人気[経済]
(10月17日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース