カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年10月1日
  • カンボジアニュース

カンボジアの子供の死因の45%は未だに餓死―食品栄養学の国際学術誌[社会]

news_201610011
(c)Phnom Penh Post

 食品栄養学の国際学術誌「the International Journal of Food and Nutritional Science」は、国民の栄養失調を根絶するため、カンボジア政府はさらなる政策を打ち出すべきとの見解を示した。プノンペンポスト紙が報じた。

 同研究によれば、発育不良の5歳未満の子供は、2010年時点の45%から2014年時点では32%に減少したものの、カンボジアの子供の死因の45%は未だに餓死だという。また、5歳未満の子供のうち24%が年相応より低体重と判断された。

 カンボジアでは乳幼児の73%が亜鉛欠乏症で、71%が貧血、28%がビタミンA不足だという。また、労働している女性に関しても、忙しいために妊娠中もしっかり食事ができず、産後も子供と自分がしっかり食べられる時間がないという。

 研究はカンボジアの文化的規範に問題の要因を見ており、世代を超えた栄養失調サイクルを懸念している。

関連記事
社会
中国人ギャング、シアヌークビルの支配権を掌握すると宣言[社会]
(17日)
社会
毎年恒例の赤十字イベント 2000万ドル以上の寄付金を集める カンボジア[社会]
(09日)
統計
外国人の刑事事件、加害者と被害者の最多は中国人 カンボジア[統計]
(08日)
社会
貧困世帯の母子に手当を段階的支給 カンボジア[社会]
(03日)
社会
カンボジア国家警察、外国人を警備員として雇用しないよう要請[社会]
(02日)
社会
カンボジアは深刻な眼科医不足[社会]
(04月18日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
業界
カンボジアに氾濫している雑多な医療情報の整理に努める[医療・医薬]荒木 良守(2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース