カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年9月24日
  • カンボジアニュース

プチュンバンを記念してリエル紙幣を新札へ交換 ―カンボジア中央銀行[社会]

news_20109242
(c)Cambodia Daily

 カンボジア中央銀行(NBC)はプチュンバン(カンボジアのお盆)を祝し、プノンペン本部または各州の支店で、破損などにより状態の悪いリエル紙幣を新札に交換するキャンペーンを来週月曜日から金曜日まで行う。

 NBCのチア・セレイ総局長は「プチュンバンはカンボジア最大の行事で、パゴダへ行って僧侶にお布施をするのが慣習。新札が最も必要とされるときだ」と述べた。

 新札への交換は、銀行やマイクロファイナンス機関などの大口顧客に対するNBCの一般業務のひとつだが、一般市民に向けてのサービス展開は今回が初めてとなる。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
社会
カンボジア国立銀行 プノンペンに金融の博物館をオープン[社会]
(09日)
経済
リエルでの貸出金利 ドル建てと同等レベルに[経済]
(10月19日)
経済
ローンポートフォリオの最低10%をリエル建てに 金融機関にとって挑戦[経済]
(10月07日)
経済
カンボジア中央銀行 金融リテラシーの教育を初等・中等教育に導入を予定[経済]
(10月01日)
経済
元・リエルの為替レート 正式に開始[経済]
(09月19日)
観光
観光大臣 プチュンバン休暇中の価格引き上げに待ったか[観光]
(09月15日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
常に革新的な商品とサービスを提供し続ける [金融・保険] パン・イン・トン
業界
カンボジアの銀行はより強く、より信頼度が高くなる[金融]ソー・フォナリー
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース