カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年9月10日
  • カンボジアニュース

プノンペン中心部で発生の手榴弾爆発事件、政治グループによる可能性[社会]

news_201609102
(c)Cambodia Daily

 9月6日にプノンペン中心部で発生した手榴弾爆発事件について、警察高官が政治グループによる犯行である可能性があると話した。一方で捜査官らは、この事件には手掛かりがないと話している。

 国家警察のスポークスマンは、「事件はテロではなかったが、社会的な混乱を引き起こそうとする政治グループによるものだったと考えている」と語った。

 チャンタリット警察少将は、「具体的にどの政治グループに疑いがあるか明言しなかったものの、結論は然るべき捜査によって導き出された」と述べた。

 同スポークスマンによれば、怪我をしたのは当初報道されていた3人ではなく6人だった。

関連記事
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース