カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月8日
  • カンボジアニュース

プノンペン都内路線バス、首都近郊や隣国を結び民業圧迫か[社会]

news_201607083_mini
(c)Khmer Times

 プノンペン都庁によると、首都近郊や隣国とプノンペンを結ぶバスサービスが始動するとクメールタイムズ紙が報じた。

 プノンペンの自治バス交通局の責任者は、「コンポンチャムバッタンバン、シェムリアップに公共バス路線を拡大する計画で、また、バンコクやホーチミンなどの近隣都市とプノンペンを結ぶサービスも実行する予定だ」と7月6日クメール・タイムズに語った。

 しかし同氏によると、「このサービスに中国のパートナーを求めており、中国政府に100台のバスを要求したが、まだ返答はない」と、拡張に数年かかる可能性があると述べる。

 都庁は、2001年に国際協力機構(JICA)の支援により公共バスサービスを開始し、1日当たりの総乗客数とバス 1 台当たりの乗客数は3441 人、332人であったとされるが、すぐに資金不足で停止した。この時、運賃は当初500リエルで、800リエルに値上げされた。

 その後、2014年に再びJICAからの支援で再開され、試行運転後にバスサービスの運営は中国企業へ引渡された。しかし、数ヵ月後、都庁はその中国企業を追い払い、公共バスサービスのオペレーションを引継いでいる。

 プノンペン都庁は、特に貧困層に向けてチケットの価格を抑えることに尽力し、毎日50台、約6000から7000人の乗客が都内バスサービスを使用している。

関連記事
日系
フン・セン首相 スカイトレイン建設のため日本に8億ドルの投資を要請[日系]
(08日)
経済
バスチケットのオンライン予約サービス「カンボチケット」 奨励金を獲得[経済]
(06月17日)
経済
プノンペン―ホーチミン間 高速道路建設の覚書締結[経済]
(04月30日)
社会
プノンペン JICA援助の信号機 稼働遅れる[社会]
(04月27日)
社会
クメール正月の運賃値上げを批判 カンボジア運輸省[社会]
(04月13日)
経済
プノンペンの新しい信号機が稼働 まずは100灯のうち3灯[社会]
(03月10日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
CJCCが夢を後押ししてくれる。そんな、存在を期待される組織でありたい [人材・コンサル] 大西義史
業界
根底にあるものは人間尊重 [人材・コンサル] 大西義史
業界
カンボジアに必要なものだから作りました[運輸・物流] ダルー・ホア
業界
ビジネス人材の開発がカンボジアの四辺形戦略のひとつの大きなポイント[人材]伴俊夫 (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース