カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年6月27日
  • カンボジアニュース

カンボジアで害虫大量発生、農作物に被害[社会]

news_201606272_mini
(c)Khmer Times

 先週、多くのカンボジアの州で作物を食い荒らすヨトウムシが大量発生した事件について、現在事態が収拾しつつあることを農林水産省が明らかにした。

 農林水産大臣ヴェイン・サコン氏がPNNテレビで語ったところによれば、全国で約2万1400ヘクタールもの作物がヨトウムシの被害にあっており、特に大豆への被害が最も大きかったという。そのうち約2000ヘクタールでは水稲、4000ヘクタール以上で大豆、9000ヘクタール以上でキャッサバが生産されていた。

 最も被害を受けたのはプレアヴィヒア州で、大豆を生産していた4351ヘクタールの他、現在分かっているだけでキャッサバなどを生産していた約9500ヘクタールが被害を受けた。

 クメールタイムズ紙によれば、ヨトウムシによる被害はカンボジア国内の北部と北東部で報告されており、コメ・キャッサバ・大豆・ピーナッツ・スイカが荒らされたという。カンボジアの農業分野では長引いた干ばつによって甚大な影響を受けたばかりで、今年度の生産性に懸念が生じている。

 サコン大臣は、今年のコメ生産高に影響が出るだろうと話しており、農林水産省によれば今回被害にあったのは、プレアヴィヒア州、ストゥントレン州、シェムリアップ州、コンポントム州コンポンチャム州トボンクムン州バンテイメンチェイ州ウドンメンチェイ州カンポット州

 同省は気候が原因であるとし、平年よりも気温が高いためにヨトウムシが生息しやすい環境になったとしている。

関連記事
経済
コメ輸出大手アムルライス EUの関税導入検討に反発 カンボジア[経済]
(19日)
経済
アムルライスが5万トンの水稲を購入 カンボジア[経済]
(17日)
経済
コメの輸出が引き続き減少 カンボジア[経済]
(16日)
経済
EU カンボジアコメ輸出に対し関税導入検討[経済]
(09日)
経済
上海投資会社 カンポット州を経済特区計画 カンボジア[経済]
(04日)
政治
農家を訓練する新たな覚書に署名 カンボジア[政治]
(10月31日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース