カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年5月17日
  • カンボジアニュース

ビーチリゾートに近代都市、シアヌークビルで開発計画会議が開催[社会]

news_201605172_mini
(c)Phnom Penh Post

 15日、シアヌークビルで、国土整備・都市化・建設省チア・ソパーラー大臣とシアヌークビル沿岸の事業者、そして投資家が集まり会議が行われた。

 この会議はシアヌークビルの沿岸部の開発計画と緑地開発に関して行われたとプノンペンポスト紙が報じている。なお、ソパラ大臣は、カンボジア全土の海岸地域の管理・開発の特命も受けている。

 10日に建設省が発表した内容によると、政府はシアヌークビルをビーチリゾートだけでなく近代都市として建築家や投資家を集めて開発する意向だ。

 しかし、政府が開発を進める地域には、現在、観光客向けの屋台などが営業を続けており、「美観を損ねる」として現在もなお退去を勧告している。

 さらに、クメールタイムズ紙によると、ソパラ大臣は、会議の中でソカホテル・シアヌークビルに対し、公共のビーチエリアに繋がる道を塞いでいるフェンスを開放するように命じたと報じている。



 2月、政府は沿岸部で不法営業を続けている160の事業者に対し、3月13日までの退去を命じた。また、これに従わなかった14の事業者の施設を先月、強制撤去している。

関連記事
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース