カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年4月7日
  • カンボジアニュース

駐韓国カンボジア大使、汚職容疑で逮捕へ[社会]

news_201604083
(c)Phnom Penh Post

 4日、駐韓国のカンボジア大使のスス・ディナ氏が、汚職容疑の事情聴取のためにプノンペンに招集され、汚職防止ユニット(ACU)のイェン・ティン会長は、「大使の逮捕は避けられない」とカンボジアデイリー紙に語った。

 3月には6名のACU職員が捜査のために韓国へ渡り、韓国・カンボジア両国の従業員の報告やfacebookユーザーを含む複数のソースからの証言を受け、スス大使に聴取した。イェン会長は、「我々は既に十分な証拠を得ており、目撃者の証言もある。facebookにアップされた苦情やその他の情報も掴んでいる」と語っている。

 イェン会長は情報漏えいを防ぐため、詳細は明らかにしていないが、スス大使は間違いなく汚職に関与していると言う。なお、外務省のスポークスマンは「何も知らされていない」と語っている。

 スス大使は、1990年代後半に民主主義のための学生運動の一員として注目を浴び、その後、クメール・フロント党でも主要メンバーとして活動し、2006年にノロドム・ラナリット党に入党。2009年に与党のカンボジア人民党へ移党後、外務省次官を経て、2014年に駐韓国大使に任命されている。

 大使としての在任中、大使館内で自分の家族を優遇しようとして批判され、論争を巻き起こしていた。また、野党の救国党を避けるため、韓国に住んでいるカンボジア人を警告し、出稼ぎ労働者を国外追放しようと脅迫し、新聞に取り上げられたこともある。

関連記事
社会
大学入試開始 不正改善も、数学的能力は依然低いまま[社会]
(08月23日)
経済
カンボジア政府 民間企業に対し果物加工産業への投資を求める[経済]
(08月20日)
社会
カンボジア警察 偽物のナンバープレート取り締まりへ[社会]
(07月18日)
経済
金融政策の調査に向け韓国と契約 カンボジア中央銀行[経済]
(06月27日)
経済
国際貿易における税金・関税のため 単一窓口サービスを開始[経済]
(06月21日)
経済
カンボジアのマンゴー栽培者 輸出シェアを狙う[経済]
(05月26日)
あわせて読みたい
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
業界
カンボジアの税関の汚職について、不正を無くすには、不正に応じないこと[運輸・物流]クルーチ・ソピアックトラ
業界
カンボジアの物流業、参入分野を選んでターゲットを明確にすればチャンスはある[運輸・物流]コウ・ペン
業界
何かしらの解答を出せる能力が必要[運輸・物流]キム・ソンモ
業界
国際色豊かな大手法律事務所、HBS LAW[法務・税務・会計]リ・タイセン (2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース