カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年3月24日
  • カンボジアニュース

送電塔を破壊した象が感電死 プレアシアヌーク州[社会]

news_201703241
(c)Khmer Times

 プレアシアヌーク州で、野生の象が送電塔で感電し、死亡した。クメールタイムズ紙が伝えた。

 タケオ州の動物園に運ばれる予定だった体重5トンのオス象が、送電塔を押し倒し、踏みつけ破壊した。このとき象は2度感電し、環境省によると、火曜日の夜に象の死亡が確認されたという。

 死んだ象は動物園に埋められ葬式が行われるという。埋められた象は1~2年後に骨を掘り出し、博物館で展示される予定だ。カンボジアには現在400~600の野生の象が生息している。

関連記事
経済
インド カンボジアの農村をデジタル化するプロジェクト発表[経済]
(10日)
社会
メコン川周辺の4つの州で洪水被害 カンボジア[社会]
(06日)
経済
プレアヴィヒア州に動物園を建設する新たなパートナーシップ締結[経済]
(02日)
経済
シアヌークビルの不動産 中国からの投資により急成長を遂げる[経済]
(07月13日)
経済
プレアシアヌーク州にベトナム系鉄鋼メーカーが工場建設 カンボジア[経済]
(07月05日)
経済
シアヌークビル国際空港 新ターミナルがソフトローンチ[経済]
(06月28日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
今後も大きな成長産業になると期待。フォルテ保険[保険]チャールズ・チェオ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース