カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年3月24日
  • カンボジアニュース

送電塔を破壊した象が感電死 プレアシアヌーク州[社会]

news_201703241
(c)Khmer Times

 プレアシアヌーク州で、野生の象が送電塔で感電し、死亡した。クメールタイムズ紙が伝えた。

 タケオ州の動物園に運ばれる予定だった体重5トンのオス象が、送電塔を押し倒し、踏みつけ破壊した。このとき象は2度感電し、環境省によると、火曜日の夜に象の死亡が確認されたという。

 死んだ象は動物園に埋められ葬式が行われるという。埋められた象は1~2年後に骨を掘り出し、博物館で展示される予定だ。カンボジアには現在400~600の野生の象が生息している。

関連記事
観光
シアヌークビルに222室のリゾートホテルがオープン[観光]
(10月22日)
社会
今年に入りすでに1000人以上の中国人が逮捕 カンボジア[社会]
(10月18日)
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(09月11日)
社会
14棟の建物が安全でないと判断され解体命令 カンボジア・シアヌークビル[社会]
(08月28日)
政治
中国公安部、中国人にカンボジアの法律を順守するための教育を約束[政治]
(08月21日)
社会
外国人が関与した犯罪、今年第2四半期は減少 カンボジア[社会]
(08月16日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
今後も大きな成長産業になると期待。フォルテ保険[保険]チャールズ・チェオ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース