カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2014年12月19日
  • カンボジアニュース

ゴミ収集収業者シントリー社、スト解消により業務再開[社会]

 ゴミ収集業者のシントリー社の従業員は15日から続けてきたストライキ及び賃上げ交渉を終了し17日の午後から業務を再開した。

 代表者間で行われてきた賃上げ交渉は概ね労働者側の意見が受け入れられ、清掃車の運転手は50ドルの賃上げとなったほか、その他の従業員でも概ね20ドルの賃上げとなった。

 17日の午後、労働者代表プラッ・ソッカー氏はトメイトメイに対して「シントリー社は、清掃車運転手の基本給を230ドルに上げることに合意した。これまでの給与は180ドルだったため50ドルの値上げとなる。また、ゴミを掃く人の基本給は105ドルから120ドルとなる。ゴミを収集する人の基本給は125ドルから145ドルとなる。夜間ゴミを掃く人は、140ドルから160ドルに値上げとなる」と説明した。

 全ての従業員は17日午後から通常通り業務に復帰するが、清掃車運転手に対する一日10,000リエルの食事手当に関してはまだ合意に至っていない。

tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース