カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2014年9月30日
  • カンボジアニュース

ILOの報告書、カンボジアの労働者の食費は一日僅か1.3ドル[社会]

p

 ILO(国際労働機関)の29日に出された発表によると、カンボジアの労働者の食費は一週間に約9ドル、一日では僅かに1.3ドルのみだという。

 ILO とAFD(フランス開発庁)の協力によるBFC (カンボジア工場改善プログラム) の結果の一部として、縫製工場労働者の生産性と健康に対する食事の影響について発表した。報告書では、43.2%の労働者は赤血球不足、15.7%はアジアのBMI(肥満指数)基準値と比較して低体重、8%は安全でない食事を摂取している、としている。

 この結果について今後はさらに、食事とその他の支出、例えば他の家族への送金などについてさらに分析される予定だ。この結果は3,890人への縫製工場労働者への調査から明らかになったもので、現在ILOは、10の縫製工場に対するもうひとつの調査を行っており、13,300人以上の工場労働者への食事、生産性、健康への影響について調べ、来年半ばにも結果が発表される。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
労働
カンボジア 1000人のメイドを香港に派遣する計画[労働]
(11日)
経済
メイバンクにより設立されたシルク織物訓練センター 地方の女性雇用に貢献[経済]
(04日)
経済
5億円の費用をかけて衛星都市が建設される スヴァイリエン州・バベット[経済]
(07月31日)
経済
カンボジア縫製業協会が反発 訓練機関の運営方法への批判を受け[経済]
(07月14日)
労働
カンボジア 日本で働く研修生のための契約締結[労働]
(07月12日)
労働
マイクロファイナンス機関 スタッフの育成基金の設立を発表[労働]
(07月11日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース