カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2014年9月2日
  • カンボジアニュース

都営バス、9月1日から新路線の運行を開始[社会]

a
 プノンペン都は、9月1日から都営バスの新路線の運行を開始すると発表した。そして、来週以降も新たに2つの路線を追加する予定だという。

 1路線から始まったプノンペン都の都営バスサービスは多路線化することで変化の次の段階を迎えたといえる。1路線、そしてたった10台のバスで始まった都営バスは3路線40台まで拡大した。運行を開始している3路線は次の通り。

 ①国道9kmポスト(ルセイカェウ)を始点として、フランス大使館前のロータリーを曲がり、モニボン通りを通ってチュバアンポーの橋を通り、国道1号線のクデイタコイ寺院までの循環路線。

 ②ナイトマーケットを始点として、川沿いを進みチョロイチョンワー橋の下を曲がり、トゥールコークのアンテナを経由、トゥールコーク70番通り、トゥールコーク交差点で曲がり、サントーモック交差点、毛沢東通りを通ってチョムカーモーン、タ・クマウの街まで行き、ノロドム通りを通って戻る循環路線。

 ③ナイトマーケットを始点として、オールドマーケット(プサーチャッ)、ノロドム通り、カンプチアクラオム通りを経由し、サントーモック交差点で曲がりトゥールコーク交差点、ロシア通り、チャム・チャウを通って戻る循環路線。

 プノンペン都は今後も都営バス新路線を増やしていく予定だが、新路線の運行開始に伴ってとても大きな負担がかかっているとも説明している。

 プノンペン都では新たに、186か所にバスの停留所の印を立てバスの停車場所を白線囲った、そして乗車券を売るスタッフや運転手の訓練等も行っており、やることが山積みの状態だと言う。これらの作業は現在はプノンペン都が直接行っており、簡単な作業ではないと訴えた。しかし、これら大きな負担を抱えている状態をしてプノンペン都知事は「この9月にはなんとかバスの運行にこぎつける」と述べ都営バスサービスの充実に尽力していくとしている。

(写真:CAM PHOTO AGENCY/石川正頼)
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
ワールドブリッジグループ 中国企業と公共インフラの共同開発へ[経済]
(04日)
経済
中国資本 カンボジアの道路や橋の約70%を建設[経済]
(07月23日)
政治
クメール正月に向けたメッセージでインフラ整備の成果を強調 フン・セン首相[政治]
(04月14日)
経済
経済成長率の維持 インフラ支出に少なくとも5億ドルが必要 フン・セン首相[経済]
(04月12日)
経済
カンボジア アジアインフラ投資銀行からの融資 検討か[経済]
(01月21日)
日系
過去20年間で8億ドル 日本からの直接投資 カンボジアの橋や道路建設に費やされる[日系]
(12月21日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
業界
カンボジアに必要なものだから作りました[運輸・物流] ダルー・ホア
業界
安心で安全な医療を持続的に提供する義務があると感じる[医療・医薬] 野々村 秀明
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース