カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2014年7月4日
  • カンボジアニュース

カンボジア労働職業訓練省、タイへの出稼ぎ労働者の手続きを簡素化[社会]

 労働職業訓練省は今までにも何度か労働者が合法的にタイに出稼ぎに行くための必要経費に関して報告書を出しているが、今回の報告では必要経費は20ドルに改められている。

 7月1日提出された報告書によるとタイへ合法的に出稼ぎに行くために労働者本人はビザの代金20ドルを支払う必要があるという。その他の代金(パスポート発給手数料4ドル、カンボジア人労働者登録カード手数料10ドル、交通費15ドル)は、労働者を斡旋する業者が支払いをおこなうので労働者本人は支払う必要はないという。

 6月24日の報告では合法的に出稼ぎに出るには少なくとも49ドルが必要であるとしていたが、今回の報告で合法的に出稼ぎに出るための必要経費は20ドルとなり更に出稼ぎに出やすくなった。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
中国系太陽光発電会社 投資を増やす カンボジア[経済]
(15日)
政治
カンボジアの社会保障制度を推進する新たなパートナーシップ カンボジア[政治]
(11日)
政治
企業に外国人の労働許可を申請するよう指示 カンボジア[政治]
(09日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
労働
縫製工場 労働職業訓練省の指示に従い従業員に休暇を与える[労働]
(07月31日)
労働
退職金の一部支払 改正労働法は未だ施行されず カンボジア[労働]
(07月29日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース